日本版LLP(有限責任事業組合)への出資金払込み

 契約書を作成したら、組合員全員で署名または記名、押印をします。全組合員が押印したら、組合員が出資金を全額払い込みます。現物出資の場合は、その全部の給付が必要となります。LLPの組合員は有限責任しか負わないため、債権者にとって組合の財産のみが責任財産となります。そのため、出資金の払い込みは重要なことになります。
 

出資金払込み

 
 
運営 税理士・中島IT会計事務所/東京都港区