日本版LLP(有限責任事業組合)での従業員雇用

 LLPが事業を行っていくにあたり、組合員の肩書き付名義で、雇用契約を締結し、従業員を雇用することもできます。その際、従業員が労働保険(労災保険・失業保険)や社会保険(健康保険・厚生年金)に入ることも可能です。
 

社会保険

 事業主は、従業員を1人でも雇用した場合、その従業員の労働保険(労災保険・失業保険)への加入が義務付けられています。ですからLLPも、従業員を雇用する場合は、以下の手続きが必要です。LLPとして保険関係設立届と概算保険料申告書を作成し、管轄の労働基準監督署等に提出しなくてはいけません。
 また、社会保険(健康保険・厚生年金)は、全ての法人で義務付けられています。法人でない場合でも、従業員が5人以上いる場合は社会保険に加入しなくてはいけません(一部の事業以外)。
 LLPは、法人ではありません。そのため、LLPで雇用している従業員が5人以上いる場合は、新規適用届を作成し、管轄の社会保険事務所へ提出しなくてはいけません。また、従業員が5人未満でも、社会保険に任意で加入することができます。
 
 
運営 税理士・中島IT会計事務所/東京都港区