日本版LLP(有限責任事業組合)での取引

 取引先との契約は、単なる出資者名ではなく組合員の肩書き付き名義(出資者のLLP内での業務執行役員、パートナーといった肩書き)で、締結できます。この場合、契約の効果は、各組合員が契約したものであっても、その組合員のみでなくLLPの全組合員に及びます。ここでいう契約とは、売買契約、雇用契約、業務委託契約、ライセンス契約、などLLPの事業に必要な多くのものに該当します。
 

取引先との契約

 
  
 
運営 税理士・中島IT会計事務所/東京都港区